●やってみた感じ(プレイ快適度)

Android版(GooglePlay版じゃない)をざざっと遊んでみました。管理人はPSPの獅子戦争は未プレイで、PS版のみプレイ済みです。それを踏まえて参考にしてください。

 

・ベースはPSP版の獅子戦争。内容的にはこの獅子戦争とあまり差がない模様。

・起動するたびにオンライン認証が必要なので、圏外では起動できないかも。

・PSP版で評判が悪かった挙動が重い、処理落ち、SEなどが改善していて、PS版と見劣りしない。

・軽くやった限りでは不快に感じるようなバグや処理落ち、強制終了も少ない。

・戦闘中に中断セーブコマンドをしなくても自動的にゲーム終了直前まで戦闘状況が記録されている

・ただし、フィールドマップで行われた変更点は中断セーブに反映されない。

・フィールドマップで何かするたびにセーブコマンドからセーブしておく事を推奨。

・強制終了やバッテリー切れでも中断データは残る。

・中断データーは一つのみ。

・当たり前だが内部でデータ管理してるのでセーブ&ロードは一瞬

・戦闘中でもメニューからタイトルに戻れるソフトリセットのような機能がある。

・タッチパネル方式。操作感はかなりクセがあるが、慣れればそれなりに操作しやすい。

・細かい操作が要求されるのでストレスなくやりたいならタッチペンは必須。

・画面左下にAC(アクティブターン)の項目があり、タップすると行動順を見られる。

・ACに並んでHelpコマンドもタップで可能。

・戦闘フィールドを指で広げたり縮めたりして画面内の範囲を75%〜200%まで拡大縮小できる。

・感覚的にはフィールドの遠景が75%、PS版の標準が120%、キャラ数人分のアップが200%。

・ちゃんとグラフィックの画質が改良されており、拡大しても綺麗。細部も見られるようになったので、新たな発見があるかも……。

・ムービーは獅子戦争と同じく収録。ボイスは無し。

・イベントスキップ機能がついた。

ただし、戦闘開始前の会話などスキップできない箇所もある。

ちなみに会話イベントでOKアイコンを押しっぱなしにすると自動でメッセージが早送りされるので、アイコンを連打するより早かったりする。

・イベント中や戦闘中と全体的にキャラの動作が早くなり、テンポアップした(若干テンポ上げすぎ感)

・他プレイヤーとの通信対戦モードであるコロシアム、共同戦線が無くなっている。

 なお、通信モード限定のアイテムはゲームクリア後、毛皮骨肉店に並ぶ

BACK/TOP/GAMES_INDEX/ABOUT

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋